「Smart Assistant」とは

Lenovo Smart Assistant with Amazon Alexa

中国Lenovo(レノボ)が開発したスマートスピーカーです。Amazonが提供するクラウド上のAIアシスタント「Amazon Alexa」にアクセスし、音声対話でさまざまな機能を利用できます。

Alexa対応のスマートホームデバイスには「Amazon Echo」があり、サードパーティー製のAlexa対応デバイスは初めてになります。

「Smart Assistant」のスペック

形状・重さ 1.5l(リットル)
0.76kgの円筒形ボディー
カラー 4色(ライトグレー、ハーマングラック、オレンジ、ブルー)
CPU Celeron N3060(1.6GHz/最大2.48GHz)
RAM(メモリ) 2GB
ストレージ 8GB
スピーカー 5Wのツイーター
10Wのウーファー
マイク 8基(周囲360度の音声操作に対応)
無線LAN Wi-Fi(IEEE 802.11n)
Bluetooth Bluetooth 4.0

「Smart Assistant」でできること

「Amazon Echo」とほぼ同等の機能を持っており、5メートル離れたところからでも音声で操作ができます。音声対話を使って次のようなことが可能です。

  • ネット検索を活用した質問への回答
  • アラームの設定
  • 天気予報の確認
  • 交通情報の確認
  • プレイリストの音楽再生
  • スマート家電の操作

「Amazon Echo」との違いは?

Lenovoによると、Echoが不十分だとされることの多い領域の1つ、すなわち「音」に差があるそうです。Smart Assistantには標準モデルのほかに、高音質のスピーカを搭載した50ドル高い「Harman Kardon」モデルが用意されています。

価格(2つのモデル)

下位モデル 129.99ドル~
(Google Homeとほぼ同額)
上位モデル 179.99ドル
Harman Kardonスピーカー内蔵

発売時期

2017年5月に発売予定(日本での発売は未定)