ノールックAI家電とは?

「ノールックAI家電」は、買い物から家電の操作までが「声」でできるようになるもの。「来年はスマホ消費が進化し、AI(人工知能)を活用することで、スマホを出さずにさまざまなことができる“スマホフリー生活”の年になる」

操作パネルを見たりスマホやリモコンなどを見ることなく、買い物から家電の操作までが「声」でできるようになります。人工知能(AI)を活用することで操作できる家電で、2017年のヒット予測で1位を獲得しました。

ノールックAI家電の技術の基盤になるのは、音声認識技術です。クラウド(インターネットをつないだ状態)で家庭での生活に合わせてAI・人工知能が学習し、成長して自発的にその家庭に合った提案をするようです。

スマート家電との違いは?

スマート家電とは、スマートフォンと連携させた家電製品、もしくは、※スマートグリッド等との連携により、自動的にエネルギー消費を最適化できる家電製品のことです。どちらかというと前者での意味合いが強い。白物家電を中心に、スマートフォンとの連携で様々な便利機能が使えます。

※スマートグリッド(次世代送電網)とは、電力の流れを供給側・需要側の両方から制御し、最適化できる送電網。 専用の機器やソフトウェアが、送電網の一部に組み込まれている。

スマート家電のもう1歩先を目指したものが「ノールックAI家電」です。

AIoTとは

「AIoT」とは、シャープの提唱する造語です。「AI(人工知能)」と「IoT(モノのインターネット化)」を組み合わせました。シャープ製品の「ロボホン」、「ともだち家電」や「エモパー」、「AQUOS」など※ココロエンジン対応製品による「ココロプラスプロジェクト」を中心にしたビジョンです。

※ココロエンジンとは、人工知能(AI技術)やセンシング技術、音声認識技術などを使って、生活環境や使用状況、人の気持ちを察知し、声や文字によって、使い方や状況に合ったアドバイスなどを伝えてくれます。

現在発売中の「ノールックAI家電」

ロボホン(RoBoHoN)

ロボホン

シャープのロボット型携帯電話で、電話、メール、カメラなど携帯電話の基本機能を搭載しています。音声による対話が可能なヒューマノイド型ロボットです。

ロボホン(RoBoHoN)

ヒアラブル

Xperia Ear XEA10

ヒアラブル端末(Hearable)とは耳に装着するウェアラブル端末(Wearable)で、イヤホン型、ヘッドホン型のものがあります。ノイズキャンセル機能、同時通訳機能、音声認識機能等を搭載しています。appleの「airpods」やソニーの「Xperia Ear」など

ヒアラブル

ともだち家電

ともだち家電

シャープの新しい家電。人工知能(AI技術)「ココロエンジン」やセンシング技術、音声認識技術などを使って、家族の生活環境や家電の使用状況、人の気持ちを察知し、声や文字によって、使い方や状況に合ったアドバイスなどを伝えてくれます。 「冷蔵庫」「レンジオーブン」「洗濯機」「エアコン」「乾燥機」「掃除機」など様々なラインナップが発売されています。

ともだち家電

2017年以降に発売が予定されている「ノールックAI家電」

ホームアシスタント

ホームアシスタント

家電用の会話ロボット。無線LANでシャープのAIoTクラウドに接続し、赤外線通信で扇風機やエアコン、テレビ、照明などの家電機器と連携。ロボホンのように音声対話型のアシスタントとして機能します。2017年前半の発売予定。

ホームアシスタント

Amazon Echo(アマゾンエコー)

Amazonの人工知能スピーカーで、ハンズフリーの音声認識アシスタントです。日本ではまだ発売されておりません。

Amazon Echo(アマゾンエコー)

Amazon Echo(アマゾンエコー)

googlehome(グーグルホーム)

Googleが発売している家庭用の音声アシスタントデバイスです。こちらも日本ではまだ発売されておりません。家庭における様々なタスクの管理だけでなく、スピーカーとして音楽を再生したり家庭にある家電製品と連携して声だけで操作できます。

Google Home

Google-Home(グーグルホーム)