Google Home(グーグルホーム)とは

Google Home(グーグルホーム)

Googleが開発する対話型AI「Google Assistant」を搭載した家庭用の音声アシスタントデバイスです。本体のサイズはペットボトル 500ml 位の高さで、Amazon Echo(アマゾンエコー)に比べてサイズはコンパクトになっています。

Google Assistant(グーグルアシスタント)とは

Googleの機械学習やAI(人工知能)、自然言語解析などの技術が盛り込まれた音声アシスタントサービスです。

価格

129ドル(約14,000円)

対応言語

英語(英語で話しければ日本国内でも使うことができます)

セットアップの仕方

本体の電源を繋ぐと、スマートフォンかタブレットでアプリ「Google Home」をダウンロードしてセットアップするように英語の音声で流れます。

セットアップに入る前に、スマホの設定で、主要言語を日本語から英語に変更しておきましょう。

アプリをインストールし、起動すると「Google Home」を認識します。ここからセットアップ開始です。

ガイドに沿って指示通りに進めていきましょう。

途中WiFiの互換性の警告が出てきますが、構わず次へ進んで問題ありません。

使う場所によって、「Google Home」に名前がつけられます。

グーグルアカウントにサインインする必要がありますが、スマホで使っているデフォルトのものとは別に、新しく作ることもできます。

設定途中で支払情報や住所を聞かれますが、スキップしても問題ありません。Googleアカウントにサインインした後の設定はGoogle Homeアプリからいつでも変更が可能です。住所は天気や交通情報を得るため、支払情報は買い物等で利用します。日本の住所は一部しか認識しません。

部屋のどこに置くのがいい?

手のひら大とコンパクトな大きさなので、家庭内のテーブルやサイドボードの上など様々な場所に気軽に置くことができます。

主な機能

  • 音楽を再生(Google Play Music、Spotify、YouTube Musicなど)
  • タスクの管理
  • 家電製品を声だけで操作
  • 知りたいことを教えてもらう等

使い方

「hey google」もしくは「ok google」とGoogle Homeに話しかけると、Googleのブランドカラーの4色が動きます。その後に、命令したいことを伝えると、返事をしてくれたり、行動にうつしてくれます。

Google Homeでできること

  • 内蔵スピーカーから音楽を再生(高音も低音もしっかりとした音が出せる)
  • Google Cast対応スピーカー機能
    (Google Cast対応のアプリ(Google Play Musicなど)を使えば、Google Homeに接続してスマートフォンから音楽を転送して再生できる)
  • Chromecast Audioの機能(別のスピーカーと連携できる)
  • Chromecastの機能(テレビに接続してYoutubeなどの動画を再生することができる)
  • 「マルチルーム」に対応(連携するスマート家電などのデバイスを自由にコントロール)
  • アラームやタイマーのセット
  • 最新ニュースの読み上げ
  • スケジュールの管理
  • タクシー配車の「Uber」を使って、音声でタクシーの手配が可能
  • 分からないことや知りたいことを尋ねる(Wikipediaなど)

Google Homeではできないこと

  • 商品名を言わないとショッピングリストに追加できない
    (「○○に必要なもの全部」といった言い方では伝わらない)
  • TV番組の放映時間を聞いてもわからない
  • リマインダーの設定ができない
  • メールの送信ができない
  • 複数のグーグルアカウントと連携できない
  • 電話をかけられない

Amazon Echo(アマゾンエコー)との比較

  • エコーよりも対応範囲が若干広く、約10メートル離れた部屋からのリクエストにも、より素早く応える
  • より幅広い質問に対して答えを導き出すことができる
  • Amazon Echoより50ドルも安い129ドルという価格設定
  • 直線的なデザインのアマゾンエコーと比べて曲線的なデザインでかわいらしい雰囲気
  • 底(スピーカグリル)の部分は取り換え可能で、部屋の雰囲気にあったカスタマイズが可能
  • スピーカーから聞こえる音質がエコーよりも良い
    (低音やボーカルの響きはEchoに比べてクリア)
  • 声のトーンを変えたり、ロボットみたいに滑舌を良くしたりする必要がない
    (日本語訛りの英語、どもったり、ろれつが回らないときでも、アマゾンエコーよりは理解してくれる)
  • 文法の間違いは前後や文全体から適当に補正してくれる
  • Echoのいかにもプログラムされた反応より自然に感じられる

海外のレビュー

  • ある程度遠く離れた所からの声にも反応する
  • まわりが騒々しい状態でも聞き取ってくれる
  • パーソナルロボットとしてはAmazon Echo(アマゾンエコー)の方が優れている
  • 対応製品がAmazon Echo(アマゾンエコー)に比べて少ない

改善が期待されるところ

  • 日本語対応
  • プライバシーの保護について(会話の内容がサーバーに記録される)

日本での発売は?

現時点では、日本での発売&日本語への対応は未定です。日本からでも、日本まで商品を発送してくれる米国のオンラインショップ(「B&H」等)で購入は可能です。

日本語には対応しておらず、発音やイントネーションもきちんと発音しないとまったく認識してくれません。英語の勉強をするにはちょうどいいかもしれません。